第39回「住宅デー」 (京建労)


《城南新報2016年6月14日付紙面より》
 
 全京都建築労働組合(京建労)の第39回「住宅デー」が12日、府内の約200カ所で一斉に行われた。
 宇治市内では、京建労宇治支部(杉原信男支部長)が実行委員会を組織し、17カ所で開催。地元の建築職人が網戸の張り替え、包丁研ぎなどを行ったほか、新築・リフォームの無料相談を実施し、プロ目線での親身なアドバイスを送った。
 また、耐震診断・改修の助成制度など公的支援を紹介。熊本地震への被災地支援カンパなども実施した。
 特に今年は市宣伝大使「ちはや姫」が初めて参加し、市内5カ所に〝出張〟。子供たちは突然のゆるキャラ登場を喜び、記念写真に納まるシーンが見られた。
 

初登場の「ちはや姫」に興味津々の子供(城南荘集会所)
初登場の「ちはや姫」に興味津々の子供(城南荘集会所)