手作りカレーパーティー(木幡幼稚園)


《城南新報2016年6月21日付紙面より》
 
 宇治市立木幡幼稚園(篠原真奈美園長)の園児が遊び心を隠し味にする「カレーパーティー」が20日、東宇治コミセンで開かれ、職員と保護者ら協力のもと完成した手作りカレーに舌鼓を打った。
 年長児25人が参加。同園の自家菜園で園児たちが育てた野菜を持ち込んだほか、家庭のアイデアを参考に、チョコやインスタントコーヒーなども具に加えた。
 5グループに分かれた園児たちは、それぞれ違う材料を数種類選んで、野菜の水洗いからスタート。保護者が「お母さん先生」として付き添い、カット、炒め、煮込みと進めていった。
 ルーを入れて仕上げると、小皿を手に「お味見ツアー」も決行。「おいしい!」と歓声を上げた園児たちはこのあとテーブルを囲み、ご飯の上にカレーを掛けてもらい、ハート型のハムもトッピング。お腹いっぱいになるまでバリエーション豊かな風味を満喫した。
 

うわぁ~おいしそう…手作りカレーを味見
うわぁ~おいしそう…手作りカレーを味見