130人、塔の島で清掃活動 (宇治市連合喜老会)


《城南新報2016年7月13日付紙面より》
 

喜老会が塔の島で清掃活動に汗
喜老会が塔の島で清掃活動に汗

 宇治市連合喜老会(井上源一会長)は10日、市内各種団体の「クリーン運動」の一環として府立宇治公園・塔の島で清掃活動を行い、約130人が参加した。
 観光シーズンなどを前に3月、7月、9月に塔の島で活動しており、9月だけは西宇治公園や市総合福祉会館前の市道宇治白川線も追加して実施。「社会奉仕の日」と題して、市内の美化活動に汗を流している。
 会員らは軍手をはめて鎌で雑草を刈ったり、ごみ拾いや草引きに従事。雨の多い時期とあって草の生長も早く、満杯となったごみ袋を次々と積み上げた。
 
     ◇◆◇◆◇◆◇ 観光地・宇治橋 道路の雑草除去 ◇◆◇◆◇◆◇
 
 一方、クリーン運動では、市民からの指摘を踏まえ、府山城北土木事務所が宇治橋の車道と府道のアスファルトの間から生えていた雑草を除去。観光のまちとして、恥ずかしくないよう、迅速に対応した。