“拳四朗” 力強く「世界奪る」 (OPBF祝賀会)


《城南新報2016年9月29日付紙面より》
 

OPBF王者の証しを披露する今村代表と笑顔弾ける拳四朗㊧
OPBF王者の証しを披露する今村代表と笑顔弾ける拳四朗㊧

 プロボクサー・拳四朗(BMB)の日本ライトフライ級チャンピオン防衛&東洋太平洋(OPBF)同級王座獲得祝賀会が28日、文化パルク城陽で開かれ、来賓、後援会員ら121人が熱いエールを送った。
 「真夏の決戦」DVD放映のあと、MC・木田朱美さんが声高にその名を呼ぶと、「北斗の拳」のテーマ曲を背に威風堂々と拳四朗入場。拍手の中、壇上で女性会員から花束が贈られた。
 さらに、イマムラホールディングス・今村あきら代表取締役から拳四朗の手にOPBFベルト贈呈セレモニー。たくさんのフラッシュを浴びた2人はステージで笑顔を爆発させた。
 石田實・後援会会長が挨拶に立ち、「優しい外見にかかわらず、多くの感動を与えてくれる。日ごろから歯を食いしばり頑張っている。必ず、近いうちに世界を勝ち取る」とゲキ。来賓の福山哲郎参院議員(民進)、園崎弘道府議(自民)、相原佳代子市議会議長が祝辞を添え、森本安太朗・城陽商工会議所会頭の発声で乾杯。宴も中締めを迎え、マイクを握った拳四朗が「世界を奪(と)ります。地元の応援が力になるので、今後ともよろしくお願いします」と決意表明した。
 次戦は、OPBF防衛戦となる線が濃厚。後援会入会の問い合わせは「ひだまり平川」(平日午前8時30分~午後5時)℡55‐5150まで。
 なお、祝賀会に先立つ後援会総会で、奥田敏晴市長が挨拶。今西仲雄副市長、坂田緑郎・宇治市体協会長、西村好・久御山町商工会会長らも来賓出席した。
 

石田後援会長が挨拶する
石田後援会長が挨拶する