第37回JOYO産業まつり 3万3000人で大盛況 (城陽商議所)


《城南新報2016年11月5日付紙面より》
 

見事なハーモニーを響かせる「サーカス」
見事なハーモニーを響かせる「サーカス」

「発掘!発信!ゆめJOYO」をテーマに、第37回JOYO産業まつり=城陽商工会議所主催=が3日、文化パルク城陽で盛大に開かれ、前年を1000人上回る約3万6000人(主催者発表)が来場し、秋の一日を満喫した。収益金の全額を熊本・鳥取中部地震の復興支援に充てる全国の名産品を集めた『いいもの発見フェア』や『城州白スイーツコンテストin城陽・最終審査』など盛りだくさんな内容で、城陽の農・商工業の元気さを存分にアピールした。
 

地元で活動する「MITSU」迫力のライブ
地元で活動する「MITSU」迫力のライブ

城州白を使ったスイーツを味わう審査員の女子高校生ら
城州白を使ったスイーツを味わう審査員の女子高校生ら

「文化の日」の恒例イベント・JOYO産業まつりは、午前10時に文パル正面玄関前で行われたオープニングセレモニーで幕開け。城陽市内在住のプロボクシング・東洋太平洋と日本ライトフライ級チャンピオン・拳四朗(24)も紹介され、多くの市民から『世界王者』へ大いなる励ましの言葉が寄せられた。
 メーンのプラムホールでは、市音楽団演奏、動物戦隊ジュウオウジャーショー、おかげ踊りを広める会、市文化協会ステージ、大謝恩フェア抽選会、市技能功労者表彰式(受賞者は3日付掲載)が繰り広げられた。ラストのステージショーには、地元で活躍する「MITSU」やヒット曲『ミスターサマータイム』で一世風靡した男女4人組の「サーカス」が登場。自慢の歌声をホール内に響かせ、聴衆を魅了した。
 また、全国津々浦々の名産品を集めた『いいもの発見フェア』には、京都府以外の46都道府県の名産品がフルラインアップ。大地震で壊滅的な被害を受けた熊本県だけは女性に大人気の「黒糖ドーナツ棒」など5品目に増やし、姉妹都市・三朝町を震源とした「鳥取中部地震」被災支援と合わせ、善意の気持ちを込めて品々を買い求める市民が数多く見られた。
 今回の新企画、府内最大の面積を誇る青谷梅林の固有種「城州白」(大梅)の消費拡大を目指すスイーツコンテストは、1次審査を通過したプロの部6品、一般の部5品でそれぞれが出品され、特別審査員の森本安太朗会頭、奥田敏晴市長、相原佳代子市議会議長らのほか、一般市民40人も試食。来春の「青谷梅林・梅まつり」会場で売り出す予定の最優秀作品賞などを吟味し審査員の一人、石田楓姫さん(城陽高3年)=中樋ノ上=は「甘さ控えめでおいしい。選びにくいです」と感想を述べた。
 さらに、2年ぶりに復活した『ファミリー〝E〟サイエンス』では、親子連れらが3Dパズルで「太陽光で動く風車」を制作。無料開放された直径23㍍のドーム型スクリーンを備える「プラネタリウム」では、大学生らの公募作品を投映する「映像祭」も開かれた。
 このほか、近畿砂利協同組合(桧原信司理事長)による『砂で遊ぼう!砂絵づくり』も根強い人気を誇り、水上ステージでも「山背彩りの市パフォーマンス部会」「市高連女性部おどりサークル」「シャルレ・モリモト・ファミリーズ」「立命館宇治高校ダンス同好会」「踊屋本舗・響」「コパンフレンズ&∞ダンスカンパニー」「よさこい踊り組・優心」の7団体が日ごろの練習で磨き抜いた演舞を披露した。
 なお、城州白スイーツコンテストの最終審査結果と大謝恩フェアの当選番号は次の通り。
【城州白スイーツコンテスト】最優秀作品賞(各部1点)は賞金3万円、優秀作品賞(各部1点)と審査員特別賞(一般・プロ共通で1点)には賞金1万円を贈呈。
◆一般の部◆
▽最優秀作品賞=「うめこめケーキ」岡本やすよ(寺田)▽優秀作品賞=「梅ゼリー」森田正美(富野)
◆プロの部◆
▽最優秀作品賞=「うめジェラート」ベーカリー&ジェラート「moco」(長池)▽優秀作品賞=「青谷の梅デニッシュ」パン工房きむらや(平川)
◆審査員特別賞◆
▽「城州白ましゅまろ」坂本八州香(京田辺市三山木)
【大謝恩フェア当選番号】5日(土)から12月5日(月)まで市内参加店で使用可能
▽花しょうぶ賞(各組共通・2万円の買い物券)=11341、18429、33221、37116、45554、50003、53630、56615、58266、58920
▽山背古道賞(下4ケタ・5000円の買い物券)=1117、3458、4794、5923、6723、8206、9571
▽城くん賞(下3ケタ・500円の買い物券)=085、129、255、290、484、519、605、777、895、970
 

「砂絵づくり」会場にプロボクサー拳四朗がサプライズ登場
「砂絵づくり」会場にプロボクサー拳四朗がサプライズ登場

全国の名産を品定めする来場市民たち
全国の名産を品定めする来場市民たち
長蛇の列も従業員がスムーズに案内。 藤井堅太郎社長もエコ商品を笑顔で手渡す(ナプラス)
長蛇の列も従業員がスムーズに案内。
藤井堅太郎社長もエコ商品を笑顔で手渡す(ナプラス)
北海道の特産品コーナーも大人気(富士高分子)
北海道の特産品コーナーも大人気(富士高分子)