魅力PRふくらむ期待 宇治市観光大使 安田美沙子さんら任命


《城南新報2016年11月15日付紙面より》
 
 宇治市は14日、広く市の魅力をアピールする「観光大使」の就任式を開き、委嘱した著名人10人の代表で女優・タレントの安田美沙子さんが、山本正市長から委嘱状を交付された。
 市と商工会議所、市観光協会が、イメージアップと観光振興を狙うもの。式の冒頭、挨拶に立った山本市長が「ゆかりのある10人に決定。宇治や宇治茶の魅力をアピールしてもらい、国内外から多くの人に訪ねてもらいたい」と期待を寄せた。
 お茶をイメージした薄緑色の着物に身を包んだ安田さんが委嘱状をはじめ、記念品(茶器と茶のセット)、名刺を受け取り、就任挨拶。「小学生時代に転校してきて、温かく支えてもらった。時間がゆっくり流れ、県祭、花火大会など、思い出が数多い」と笑顔を弾ませた。
 このあと、「碾玉」の入ったグラスを手に、山本哲治・商議所会頭の発声で乾杯。安田さんは「後から香りが広がる」と好印象を伝え、「ブログ、インスタグラムで宇治の良い所をどんどん発信したい」と強調。市は、テレビ・ラジオや雑誌、SNSを通じた情報発信に期待する。
 観光大使は、次の皆さん。
海老瀬はな(女優)、武田綾乃(作家)、千葉真子(マラソンランナー)、中村静香(女優・タレント)、羽川英樹(フリーアナウンサー)、羽野晶紀(女優・タレント)、安田美沙子(同)、鎧塚俊彦(パティシエ)、熊井友理奈(アイドル「抹茶ーず」)、鈴木愛理(同)
 なお、「チャチャ王国のおうじちゃま」が同日付で、市公認のご当地キャラとなった。
 

観光大使就任の安田さん
観光大使就任の安田さん