にぎやかに輪広げよう ふれあいまつり 


《城南新報2016年11月20日付紙面より》
 
 東宇治コミセンで19日、東宇治地区コミュニティ推進協議会(太田敏子会長)と実行委(藤澤寛治実行委員長)主催の「文化祭ふれあいまつり」が始まった。
 「ひろげよう・地域の輪・福祉の和・交流のわ」をテーマに、団体やサークル、学校などが取り組みを発表。宇治作業所「なかま太鼓」の威勢良い演技が幕開けを飾り、歌謡や舞踊のほか、宇治黄檗学園吹奏楽部のステージにはプロのジャズシンガー・ヨシノミナコさんがゲスト出演し、「ハナミズキ」「花束を君に」など力強いボーカルを披露して会場を盛り上げた。
 また、お茶席や写真展示、福祉施設によるコーヒー、ケーキの販売もあり、多目的広場ではきつねうどんや焼き鳥などの模擬店が軒を並べ、家族連れなどでにぎわった。
 きょうは、サークルや地元幼小中に通う児童生徒たちの作品展示をはじめ、模擬店、野菜市も。午前10時~午後3時。
 

プロのジャズシンガーがボーカルを務めた宇治黄檗学園吹奏楽部のステージ
プロのジャズシンガーがボーカルを務めた宇治黄檗学園吹奏楽部のステージ