躍動感あふれる写真展 「宇治田楽まつり」


《城南新報2017年1月28日付紙面より》
 
 平安時代に地元で演じられた踊りをアレンジした「宇治田楽まつり」の写真展がきょう28日、宇治公民館で始まる。
 昨年10月、府立宇治公園中の島や宇治橋通り商店街を華やかに彩った姿を撮影した写真をズラリと並べ、田楽衆の息づかいを伝える。
 同実行委(中谷雅夫会長)主催のまつりは、市の「源氏ろまん」事業の一つ。公募の踊り手と実行委員らが、大地の恵みや生命の鼓動への喜びを表現する。
 写真展は、宇治田楽を市民の伝統芸能として広めようと毎年、開催。時代衣装に身を包んだ出演者の晴れやかな表情、公開練習の模様も紹介する。
 時間は、きょう午後1~7時と、あす29日午前10時~午後4時まで。入場無料。当日映像も上映している。
 

宇治田楽の魅力がぎっしり(昨年の会場)
宇治田楽の魅力がぎっしり(昨年の会場)