華麗に「美女と野獣」 34人の練習成果、定演で (槇島小マーチングバンド)


《城南新報2017年3月15日付紙面より》
 
 宇治市立槇島小学校(川合早苗校長)のマーチングバンド(柳田美由起・池上充希・森西麻衣・酒谷知沙各顧問)は先頃、同校で定期演奏会を開き、座奏やマーチングで多彩なステージを繰り広げた。
 同部は府内屈指のマーチングバンドの実力校。今年度は3~6年生34人が平日の放課後と土曜を合わせて週3回練習し、府吹奏楽コンクール、関西マーチングバンドコンテストなどで銀賞を受賞。地域の運動会や祭りなど各種イベントにも出演してきた。
 6年生3人のラストステージとなる定演は「聖者の行進」で幕開け。ディズニーメドレーやジブリメドレーなど馴染み深いメロディーで会場を魅了し、映画「サウンド・オブ・ミュージック」に登場する「エーデルワイス」や「すべての山に登れ」でも練習成果を発揮した。
 見せ場のマーチングステージではディズニーアニメ映画「Beauty・and・the・Beast―美女と野獣」の楽曲を披露し、情感豊かな音色と華麗なステージアクションで拍手喝采を浴びた。
 

マーチングで息の合ったアクションを見せる部員たち
マーチングで息の合ったアクションを見せる部員たち

コメント投稿は締め切りました。