5月18日開幕 関西オープンゴルフ 前売券発売中 城陽カントリー倶楽部で


《城南新報2017年4月12日付紙面より》
 
 日本男子プロゴルフ最古のオープン競技・第83回『関西オープンゴルフ選手権』が5月18日(木)から4日間にわたり、地元の名門・城陽カントリー倶楽部で開催される。
 男子ツアーとしては2009年9月のパナソニック・オープン以来のビッグな大会で、関西オープンが城陽カントリーで開催されるのは05年9月以来2度目となる。
 今回の主な出場選手は宮里優作、池田勇太、藤田博之、谷原秀人、片岡大育、小平智らをはじめとする国内のトッププロ。往年の名プレーヤー・中嶋常幸、高橋勝成らも参戦する。
 主催は一般社団法人・関西ゴルフ連盟。賞金総額7000万円、優勝賞金1400万円を巡って、150人(プロ126人、アマ24人)がしのぎを削る。
 5月18、19日が予選ラウンド、20、21日に決勝ラウンドが行われ、戦略性に富んだ難コースを、トッププロがどのように攻めるのか…楽しみにしているゴルフファンも多い。
 会場では、選手とのふれあい広場や大試打会、チャリティ&お楽しみ抽選会、お子様広場、ギャラリープラザ(飲食ブース)などもあり、家族連れでも楽しめる。
 前売券は▽2枚セット券(各日共通)=3000円▽1日券=予選ラウンド1500円、決勝ラウンド2500円(いずれも500円分の飲食サービス券付き)。中学生以下は引率者同伴に限り無料。
 当日券は各日指定券(その日のみ有効)となり、予選ラウンドは2000円、決勝ラウンドは3000円となる。
 期間中は、近鉄寺田駅とJR京田辺駅から無料ギャラリーバスが運行されるほか、宇治税務署近くに「ギャラリー駐車場」=宇治市大久保町田原54=を用意。そこからも無料バスがピストン運行される。前売券に関する問い合わせは城陽カントリー倶楽部℡52‐2525まで。
 なお、城陽商議所(堀井美郎会頭)では、会員対象に「2枚セット券」を1割引で販売している。問い合わせは℡52‐6866まで。
 

コメントは受け付けていません。