春彩る八重咲の “黒椿” 久御山町の雙栗神社


《城南新報2017年4月13日付紙面より》
 
 粥を炊いて作物の豊凶を占う粥占(かゆうら)神事で知られる久御山町佐山の雙栗神社(奥村博宮司)で、珍しい黒椿が見頃を迎えた。神秘的な濃紫色の花びらが開花し、参拝客の目を楽しませている。
 同神社は本殿裏に山ツバキが自生し、寒椿の隠れた名所とされる古社。中でも黒椿は愛好者の間で「幻の樹の精」と呼ばれ、開花シーズンには例年、遠方からも人々が訪れる。
 今年は、本殿裏手にある黒椿の木では花があまり見られなかった。
 現在、境内のスポットのうち、町内随一大きな石鳥居(国登録有形文化財)をくぐって本殿へ向かう参道で八重咲きの黒椿が徐々に開花しており、今月いっぱい楽しめそうだ。
 

雙栗神社の参道を華やかに彩る八重咲きの黒椿
雙栗神社の参道を華やかに彩る八重咲きの黒椿