大丈夫かいな交通渋滞 28日に城陽「マクド」開店


《城南新報2017年4月20日付紙面より》
 

 城陽市寺田庭井の国道24号沿いに今月28日午前10時、新たな「マクドナルド」が開店するが、地元住民の間からは「交通渋滞は大丈夫かいな」という声が漏れる。
 場所は城陽警察署と城陽市消防本部の向かい側。【写真㊤】
 すぐ近くの交差点は「アル・プラザ城陽」に向かう東進右折車両で、たびたび渋滞が発生するところで、30日には新名神「城陽~八幡京田辺」が開通。城陽インターからの車両増加も見込まれるだけに、車の流れが気になる。
 新マクドの屋号は「24号城陽店」で、24時間営業。
 大型ドライブスルーを備えるが、その入退店車両が渋滞を引き起こさないか…と懸念されているのである。
 入口と出口は、国道沿いと東側の市道沿いにあり、車の導線は掲載図のようになっている。
 市道側からは距離が長く、相当数の車が並ぶことが可能。道路まであふれ出すことはなさそうだが、敷地内の流れは複雑で、国道からの入店車が並ぶことが考えられる。
 そこにアル・プラへの東進右折車両が列をつくると、国道東行き車線が詰まる恐れがある。
 さらに、道路交通法上は問題ない右折での入店、退店車があると混乱は想像に難しくない。
 その点を城陽署も指摘しており、入店や敷地内での駐車、ドライブスルーをスムーズに誘導する警備員の配置、看板などで右折による入退店をしないよう求める対応が必要と認識している。
 日本マクドナルドでは▽駐車スペースは60台分を確保▽ドライブスルーはIN、OUTのレーン分けをはっきりし、混雑時は敷地内で2列にすることも考える▽左折での入退店しかできないように独自標識を立てる▽注文窓口を2つ設け、清算と受け取り窓口を別々にする▽オープンから3日間は警備員を2カ所に計4人置き、その後も混雑が予想される曜日に1人配置する…などの渋滞対策を用意しているが、城陽署では現場を確認し、問題があれば適時、対応を求める―としている。
 

マクド前の国道24号東西道路は渋滞多発箇所
マクド前の国道24号東西道路は渋滞多発箇所

コメント投稿は締め切りました。