住民が魅力盛り込む “宇治田原”案内人の会に大賞 山城“ちーたび”表彰式


《城南新報2017年5月11日付紙面より》
 
 住民が提案する山城地域の魅力を盛り込んだ小さな旅「ちーたび」2016年度分の表彰式が10日、府山城広域振興局で開かれた。
 一昨年度から始まり、2回目となる取り組みに28団体から45の旅企画が寄せられ、年度を通じて域内外の684人がツアー参加した。
 5人の選考委員が審査した振興局長賞(大賞)に「日本緑茶発祥の地でおもてなし&散策ツアー」(宇治田原いいとこ案内人の会)、地元出身アイドルのAKB48横山由依さんが一番参加してみたいと思った観光大使賞には「花菜摘み&抹茶アート体験~美味しい和束のおもてなし~」(茶源郷マーケット)をそれぞれ選出。この日、岡本圭司局長から宇治田原いいとこ案内人の会(中村俊機代表、18人)の茨木輝樹副代表、茶源郷マーケット・岡田信吾代表に表彰状などが贈られた。
 大賞獲得のツアー(12月3日実施)では、参加者たちがガイド付き添いのもと、湯屋谷会館から永谷宗圓生家まで歩いて、植物や小川の化石に触れ、お茶や古老柿、干し芋を堪能した。
 なお、今年度もきょう11日から「ちーたび」企画を募集する(来年2月末まで)。お茶をテーマにした「お茶の京都枠」も新設。応募方法等はやましろ観光ホームページhttp://www.pref.kyoto.jp/kyotoyamashiro/chiitabi.htmlに詳しい。問い合わせは、同局商工労働観光室℡21‐2103まで。
 

大賞受賞の宇治田原・茨木副代表㊧
大賞受賞の宇治田原・茨木副代表㊧