風に乗って響く音色 はらっぱブラス (城陽五里五里の丘)


《城南新報2017年6月1日付紙面より》
 
 府立木津川運動公園「城陽五里五里の丘」=城陽市富野=で先頃、「はらっぱブラスinKYOTO」が開かれ、大芝生広場の上で延べ約2000人の地域住民らが、のんびりと心地良いサウンドに酔いしれた。
 初夏の風と新緑を楽しみながら、ふかふかの芝生の上で、地元の中学・高校吹奏楽部をはじめ、府警音楽隊などが奏でるメロディーを楽しんで―と、公園を指定管理する公益財団法人青少年野外活動総合センターが企画し、3回目を迎えた。
 ステージは、西城陽高校吹奏楽部がオープニングを飾り、東城陽中学校吹奏楽部、ビッグスカイバンドなどが続いた。
 午後に入り、府警音楽隊が「暴れん坊将軍」のテーマなどをメドレーで披露し、カラーガード隊が巧みなフラッグさばきで会場を盛り上げた。
 ほかにも、ウインドアンサンブル・ピアチェーレ、城陽市音楽団、京都廣学館高校吹奏楽部などが、日ごろの練習の成果を発揮し、来場した市民らに心和むひとときを提供した。
 なお、会場では地元店が出店する「はらっぱマルシェ」も開かれ、軽食メニューを求める来場者でにぎわった。
 

府警カラーガード隊がフラッグパフォーマンス
府警カラーガード隊がフラッグパフォーマンス