ロイヤルコンフォート 宇治っ子3人組 初ベスト「道」リリース


《城南新報2017年6月21日付紙面より》
 

宇治で生まれ育った3人組『ROYALcomfort・ロイヤルコンフォート』待望の初ベスト・アルバム「道」が、きょう21日にリリースされる。関西インディーシーンにおいて屈指の影響力、集客力を誇るアーティストの全てが分かる楽曲をセレクト。YouTubeでMV950万回再生を記録している「君に好きと伝えよう」も、もちろん収録されている。
 
 【写真】㊨はリーダーのMC「BGY」。菟道第二小学校~宇治中学校~洛南高校~関西大学出身で、㊥のSINGER「KAY‐I」は宇治小学校~東宇治中学校~立命館宇治高校~立命館大学出身、㊧のDJ兼トラックメーカー「ROVER」は大久保小学校~広野中学校~立命館宇治高校~立命館大学出身。
 1984~85年生まれの同学年で、宇治で育った幼少期から互いを知り、ともに音楽を志したメンバー。彼らが紡ぎ出すメロディは、この3人にしか表せない温かさ、切なさで聴く者を魅了し感動を与える。
 結成1年で大阪LIVEイベントの最高峰「FILTER88」にレギュラー出演。2012年5月にはファースト・ミニ・アルバム「ROYAL・ROAD・01」をリリースし「iTunes」配信では、そうそうたるバンドの中でJ‐POPランキング上位入りを達成した。
 トラック制作から作詞・作曲まで全てをこなし、13年8月発売の「ROYAL・ROAD・02」では様々な形の希望をコンセプトに、エッジの効いたトラック、透明感のある歌声、そこに絡むエモーショナルなラップで音楽の持つ力強さを体感させてくれた。
 父母への感謝の歌「いつまでも」はMBSテレビ系列の「ロケみつ」、MUSIC・EDGE「エッジ」のエンディングテーマとなり、2014年にかけての観客投票型ショーレース▽コヤブソニック▽OSAKA・STATION・CITY×FM・OSAKA「MUSICLAPPER」▽YOSHIMOTO・5up・countdown―では、すべて優勝。15年末の7都市ツアーも成功させた。
 さらに、サードアルバム「Life・is・onetime」では、幼き頃から青春時代、さらには未来に至るまでの、それぞれの場面を歌に描いて表現。「人生というものに向き合い、前を向いて強く生きてもらいたい」…そんな強い思いを込めた3人。
 そして、きょうリリースの初ベスト「道」(税込2000円)には代表曲の「君に好きと伝えよう」をはじめ、人気曲「もう嫌って」など、これまで歩んできたミュージック・ロードから選び抜いた10曲を収録。エフエム大阪『ササキとカナエとWeekend』のエンディング曲「花束を君だけに~Brightness・standard~」など待望の新曲2つも入っており、ファン必携の1枚になりそうだ。