園児の笑顔あふれる 七夕コンサート (家政城陽幼稚園)


《城南新報2017年7月9日付紙面より》
 
 京都文教短期大学附属家政城陽幼稚園(内山真澄園長、107人)=城陽市久世下大谷=で7日、七夕に合わせて音楽コンサートやお誕生日会などが行われ、園児たちは日本の伝統的な行事を満喫した。
 この日は、園内のホールに全園児が集まる中、ステージの両サイドには大きな笹竹に園児の願いが込められた短冊がそれぞれ飾られた。園内では、7・8月にお誕生日を迎える園児たちを祝福したり、「織姫と彦星」のお話が繰り広げられたほか、保護者たちも見守る中、七夕にちなんだ曲を大きな声で歌いあげた。
 また、在園児の保護者会で結成する音楽サークル「poco・a・poco」(吉田蘭部長、16人)のメンバーらが「崖の上のポニョ」、「恋ダンス」など、お馴染みの曲をリコーダーやホルンなどの多様な楽器で見事に演奏。園児たちは、あふれんばかりの笑顔や拍手でお母さんたちの演奏を絶賛した。
 

保護者会メンバーがそれぞれの楽器を見事に演奏
保護者会メンバーがそれぞれの楽器を見事に演奏