府南部のトップ切り 子供たちが水しぶき 城陽市民プールオープン


《城南新報2017年7月11日付紙面より》
 
 府南部の野外公設プールのトップを切って城陽市民プール=久世荒内・北部コミセン南側=が10日にオープン。この日を待ちわびたかのように、学校を終えた子供たちが午後3時30分ごろから続々と詰めかけ、水浴びを楽しんだ。
 近隣には人気の〝造波〟〝流れる〟プールがある「太陽が丘ファミリープール」や「久御山町民プール」もあるが、城陽市民プールは大人(高校生以上)200円、子供(1歳から中学生)100円、0歳児は無料という安さが魅力。
 今シーズンも8月末までの午前10時から午後5時まで開設される。初日は大人10人、子供59人が来場。暑さ厳しい中、監視員が水難事故防止にあたった。
 

オープン初日からプール内で水浴びを楽しむ子供たち
オープン初日からプール内で水浴びを楽しむ子供たち