身も心も踊る空間に 11日“ハワイアン”満喫 カフェマリエ「フラ・バー」


《城南新報2017年8月8日付紙面より》
 
 ボタニカル「カフェマリエ」(長澤とよ海オーナー)=宇治市小倉町天王=で11日(金・祝)、アロハな気分に浸ることのできる「Hula・Bar(フラ・バー)」が開かれる。
 体は食べるものからつくられる―を掲げ、開店以来、地元産野菜をふんだんに使ったナチュラルな食事を提供。黒板塗装、ガラス張りなどモダンな内外観が女性らのハートをつかみ、地元農家が手塩にかけた特産品をアピールする「バー」は回数を重ね、すっかり定着してきた。
 昨年のクリスマスに続くフラ・バーでは、堀道子さん(Hula・O・Manule‘a)=城陽市寺田=らダンサーが、ハワイアンキルトで彩られた店内を南国ムードに染め上げ、参加者も自然に立ち上がって手足を伸びやかに踊ること間違いなし。
 午後1~3時、同6~8時の2部構成で、1人3000円(ワンドリンク・プレート付き)。予約、問い合わせは、同店℡85‐1405まで。
 なお、店内にショーケースを設置し、タルト(ホール・カット)などケーキの持ち帰り販売も始めた。営業時間は、午前11時~午後10時。火曜定休。近鉄小倉駅東へ徒歩5分。
 

フラ・バーと、ケーキの対面販売をアピールする
フラ・バーと、ケーキの対面販売をアピールする

コメントは受け付けていません。