食事に遊び盛りだくさん つながりひろば祭り!! (リオス槇島)


《城南新報2017年9月3日付紙面より》
 
 コミュニティカフェ「リオス槇島」=宇治市槇島町十一=で2日、「つながり祭り!!」が開かれ、100人を超す子供たちと保護者が、盛りだくさんのコーナーに歓声を上げた。
 今年9月までの内閣府サポート事業「つながりひろば」の一環として、カレーやたこせん、かき氷など食べ物5種・当てものや射的、輪投げといった遊び5種の通しチケット(300円)が完売した。
 この日、正午から3時間、店内外に並んだコーナーは、スタッフのほか、莵道高校放送部5人らが運営サポート。子供たちに景品を手渡すなど笑顔で応じた。
 今年度のつながりひろば、毎週月曜午後4時30分~7時30分(「つながり食堂」の食事提供は6~7時)まで、宿題支援やゲーム、遊びなど、京都文教大学の学生らが手ほどき。社会見学など余暇活動も人気を集めた。来年度も継続予定。問い合わせは、リオス槇島℡66‐1849まで。
 

輪投げなど遊びコーナーも、晴天のもとにぎわいをみせる
輪投げなど遊びコーナーも、晴天のもとにぎわいをみせる