熱き戦い“エスワイズ杯” 家庭婦人VB宇治市予選


《城南新報2017年9月5日付紙面より》
 

 エスワイズ杯を冠する宇治市バレーボール協会主催の第47回「京都府下選抜家庭婦人バレーボール優勝大会」宇治市予選会が3日、黄檗体育館で開かれ、28チームの選手たちが「日本一アツいママさんバレー」を合言葉に激突。各コートで熱戦を繰り広げた。
 近隣市町村VBチームの親睦と技術向上を図ろうと1970年にスタートした伝統ある大会。「家族の喜びを創造し地域社会に貢献する」という理念で事業展開する地元のエスワイズ住宅販売㈱が協賛につき、「ママさんバレーを見て元気をもらった」という椎葉啓之代表取締役の思いが女性の「輝き」を後押しする。
 開会式で湯川精一・市バレーボール協会長は「昨年は優勝大会が台風の影響で中止となりましたが、宇治のチームに2年ぶりのカップを目指してもらいたい」と挨拶。エスワイズ椎葉社長は「当初は2020年の東京オリンピックまでと思っていましたが、その先も皆さんの頑張りを応援します」と伝え、会場は拍手に包まれた。
 また、今回も豪華な副賞がズラリと並び、選手たちのテンションも上昇。エスワイズからの試合ボール贈呈、全員での記念撮影に続き、センチュリー21グループのキャラクター「トゥエンティワンくん」も見守る中、協力団体を代表して小林土地家屋調査士事務所の小林明石氏が始球式に登場、豪快なサーブで熱戦の火ぶたを切って落とした。
 この日は、28チームを4ブロックに分けた変則リーグ戦を展開。勝ち点、セット数、得点などで順位を決め、各ブロック上位3チームが18日(祝)に西宇治体育館である優勝大会(招待8チーム)への進出を決めた。
 ブロックごとの試合結果は次の通り(数字はセット数)。上位成績は5面。
【Aブロック】
▼大開クラブA2‐0槇島クラブ▼明星クラブ2‐0大久保クラブ▼イセダファミリーVBC2‐0小倉メモリー▼槇島クラブ2‐0御蔵山クラブ▼大開クラブA2‐0大久保クラブ▼小倉メモリー2‐1明星クラブ▼イセダファミリーVBC2‐0御蔵山クラブ
【Bブロック】
▼歩クラブ2‐0REDBUDDY▼ビワママクラブ2‐1大久保エース▼岡屋クラブ2‐0西宇治ウイング▼黄檗2‐1REDBUDDY▼歩クラブ2‐0大久保エース▼ビワママクラブ2‐0西宇治ウイング▼岡屋クラブ2‐0黄檗
【Cブロック】
▼明星VBC2‐0LOOP▼大開クラブB2‐1結クラブ▼黄檗VC2‐0レインボー▼西小倉クラブ2‐0LOOP▼明星VBC2‐0大開クラブB▼黄檗VC2‐0結クラブ▼西小倉クラブ2‐1レインボー
【Dブロック】
▼蔵クラブ2‐0フレンズ槇島▼伊勢田クラブ2‐0堀池クラブ▼宇治クラブ2‐0TeamZERO▼北小倉クラブ2‐0フレンズ槇島▼蔵クラブ2‐0堀池クラブ▼伊勢田クラブ2‐0TeamZERO▼宇治クラブ2‐0北小倉クラブ
 

始球式には「トゥエンティワンくん」も登場
始球式には「トゥエンティワンくん」も登場

椎葉社長が長谷川大会副委員長に試合ボール贈呈
椎葉社長が長谷川大会副委員長に試合ボール贈呈

◆◆12チームが優勝大会へ◆◆
 
 エスワイズ杯争奪「京都府下選抜家庭婦人バレーボール優勝大会」への出場を決めた宇治市予選会上位チームは次の通り。
【Aブロック】
①大開クラブA②イセダファミリーVBC③明星クラブ
【Bブロック】
①岡屋クラブ②歩クラブ③ビワママクラブ
【Cブロック】
①明星VBC②黄檗VC③西小倉クラブ
【Dブロック】
①伊勢田クラブ②宇治クラブ③蔵クラブ