城陽・久御山夏期採集展覧会 自然学習の成果一堂 ゆうホールに児童の作品


《城南新報2017年9月10日付紙面より》
 
 城陽市・久御山町夏期採集展覧会が9日、同町ゆうホールで始まった。植物・昆虫・観察・参考作品の各部門で、児童が取り組んだ自然学習の成果を紹介している。
 地元の自然に親しみ、観察力や学力の向上に役立ててもらおうと、城陽市・久御山町夏期採集会(会長=田中保美・古川小学校長)が夏休み明けに毎年企画。今年で43回目を迎え、親子2代の出展者もいるという。7月に採集会と標本づくり教室、8月に標本整理教室を行った。
 今年は4部門で、両市町の13校から計149点(昆虫21点、植物15点、観察38点、参考作品75点)が寄せられ、担当教員や講師らが8日に審査した。
 各部門とも夏休み学習にとどまらない作品が勢ぞろい。城陽・京都、北海道の富良野、台湾などで採集した蝶の標本約20点とレポートをまとめた記録集による1年がかりの秀作のほか、観察したヘチマで手作りしたスリッパなどを添えた作品、カブトムシの生態を丹念にまとめたものもあり、個性豊かな研究成果が並んだ。
 審査員らは「標本だけでなく、採集した時の観察記録も工夫が見られる作品が増えている「生き物の成長を継続的に観察し、興味と関心を持って対象物に接した様子が表れていた」などと講評した。
 きょう10日まで。開催時間は午前9時~午後3時。
 入賞者は次の皆さん。カッコ内は小学校名、数字は学年。
【昆虫の部】
▼特別賞=小田凛(寺田6)、國方善瑛(寺田西4)、松井優樹(久津川2)▼優秀賞=東龍雅(今池5)、岡本隆伍(久津川4)▼努力賞=網本悠良(寺田南3)、原田悠衣(同2)、星川弘樹(同1)、野口貴仁(寺田西1)、安東瑛大(久世1)
【植物の部】
▼特別賞=山中結心(富野5)▼優秀賞=田中望愛(青谷4)、中嶋彩乃(深谷3)、清水真央(久世3)、上村萌々花(古川1)▼努力賞=伊勢木莉乃(東角5)、秋谷優月(久世3)、志達実緒(同)、宇野凛子(同)、宇野大道(同)、冨田夏鈴(青谷2)、田中優好(同1)
【観察の部】
▼特別賞=辻井夕希乃(寺田西6)、瀧智文(久世5)、小木曽柑那(寺田西4)、菖蒲池陽希(富野2)▼優秀賞=森永冴妃(寺田西6)、中原礼英奈(寺田6)、田中悠理乃(寺田5)、辻井春道(寺田西3)、港達平(富野2)▼努力賞=佐伯佳乃(深谷5)、岡部謙佑(寺田西5)、田中望愛(青谷4)、森永茉弥(寺田西4)、渡部未桜(同3)、篠原佳翔(寺田南3)、上杉悠斗(久世3)、松井優樹(久津川2)、袖岡汰朗(寺田西2)、森永心玖(同)、奥遼太朗(富野2)、田中優好(青谷1)
【参考作品】
▼努力賞=鈴木嶺青(深谷6)、戸倉栞(佐山6)、野木琉平(久世5)、簾瑛斗(寺田南5)、髙山夢歩(深谷5)、丸山椋子(同)、辻本将都(今池4)、増田和哉(寺田西4)、伊藤小春(寺田南4)、菖蒲池友希(富野4)、片山愛梨(古川4)、川﨑大生(御牧4)、前村詩央(久世3)、木村碧良(寺田3)、奥野朗悠(寺田南3)、黒地咲空斗(深谷3)、小笠原大誠(久世2)、菖蒲池陽希(富野2)、木場由喜知(寺田1)、村地歩(寺田南1)、吉川晴(同)、黒地佑陽(深谷1)
 

昆虫標本など児童の力作が並んだ展覧会(ゆうホール)
昆虫標本など児童の力作が並んだ展覧会(ゆうホール)