文パル城陽でライブ 歌やダンス、落語に熱気 KATSU★SONiC


《城南新報2017年9月17日付紙面より》
 
 若者から高齢者まで幅広い世代が無料で楽しめるライブイベント「KATSU★SONiC★2017」が16日、文化パルク城陽ふれあいホールで開かれた。歌あり、ダンスあり、落語ありの多彩なステージを繰り広げ、10時間に及ぶロングランのイベントは熱気に包まれた。
 実行委員会(北谷勝弘代表)が主催し、今年で9回目。宇治・城陽市を中心に18組が出演した。
 ポップスやロック、ヘビーメタルなどのバンド演奏が競演。リズミカルなBGMに合わせたダンスパフォーマンスや、アラブ地方の伝統的なベリーダンスが会場を彩った。
 「柱着々」の名前のアマ落語家・松井孝至さんの高座もあり、シニア世代を楽しませた。
 「音楽や演芸、ダンスを身近に感じてもらいたい」と北谷さん。
 会場ロビーにはアクセサリーの実演販売、理学療法士によるマッサージ、フラワーアレンジメント、動物保護団体の紹介などのコーナーが並び、来場者の関心をひきつけた。
 

グループで息の合ったダンスを披露するメンバー
グループで息の合ったダンスを披露するメンバー

コメントは受け付けていません。