宇治茶まつり伝統&発展へ お茶席で和みの一服 (宇治橋周辺)

まつりの幕開けとなる「名水汲み上げ」を  見ようと市民らが宇治橋三の間を取り囲んだ

《城南新報2017年10月3日付紙面より》    日本に茶の実をもたらした栄西禅師、宇治に茶園を開いた明恵上人、茶道の始祖である千利休の3恩人を敬い、宇治茶の隆盛を願う第66回宇治茶まつりが1日、宇治川畔一帯で 続きを読む 宇治茶まつり伝統&発展へ お茶席で和みの一服 (宇治橋周辺)

茶祖に〝これから〟誓う 『製茶記念日』式典など (宇治各地)

記念碑前で祭文を読み上げる上林委員長

《城南新報2017年10月3日付紙面より》    製茶記念日の1日、地元各地で記念行事が執り行われ、茶業関係者たちが栄西禅師や明恵上人、千利休、永谷宗圓ら、その道の礎を築いた先人たちの功績をたたえた。 &nbs 続きを読む 茶祖に〝これから〟誓う 『製茶記念日』式典など (宇治各地)

チケット受付開始 一人でも多く両国へ まず80人目標に (拳四朗後援会)

世界タイトル初防衛戦に挑む拳四朗

《城南新報2017年10月3日付紙面より》    プロボクシングWBC世界ライトフライ級チャンピオン・拳四朗(25)=BMB所属=の初防衛戦に向けて、地元の宇城久を中心に強固な支援体制を構築する「拳四朗後援会」 続きを読む チケット受付開始 一人でも多く両国へ まず80人目標に (拳四朗後援会)