青空に届け熱気と歓声 伸び伸びと運動会 (みのり幼稚園)


《城南新報2017年10月6日付紙面より》
 
 太陽が丘で5日、みのり幼稚園(長澤宗一園長、448人)=宇治市神明石塚=の運動会が開かれ、園児と保護者らの熱気があふれた。
 体育館改修工事中のため、今年は青空のもとへ。準備体操で身体をほぐすと、ウサギ組2歳児の徒競走で競技が幕開け。長澤園長扮する〝みのりマン〟と2歳児・未就園児親子が和気あいあいとした演技「バナナの森のピクニック&みんなとあそぼ」を繰り広げ、クマ組年中児たちがお遊戯「くまっこ応援団」で盛んにエールを送った。
 快い秋晴れに恵まれ、ゾウ組年中児の親子競技「たのしくおどって送ろう大玉!」、ライオン組年長児の同「親子でぐるぐる洗濯機リレー」で家族が笑顔をあふれさせた。フィナーレでは、全員でストレッチを行い、熱を帯びた心身をクールダウンさせた。
 

晴れ舞台で伸び伸びと親子演技を披露する
晴れ舞台で伸び伸びと親子演技を披露する

コメントは受け付けていません。