自慢の抹茶、心ゆくまで 厳かに茶壺口切りなど 荒見神社で城陽茶まつり

茶壺口切りを行う大谷さん

《城南新報2017年10月17日付紙面より》   城陽市富野荒見田の荒見神社(青山浩然宮司)で15日、第29回城陽茶まつりが開かれ、約1000人でにぎわった。古式ゆかしい儀式を皮切りに、市民らが、お茶の京都ター 続きを読む 自慢の抹茶、心ゆくまで 厳かに茶壺口切りなど 荒見神社で城陽茶まつり

城陽の宝「全種集めよう」 地域資源キャラカード 魅力発見ツアーで配布 (エコミュージアム)

城陽でブームが巻き起こるか「地域資源キャラクターカード」

《城南新報2017年10月17日付紙面より》    歴史や自然、産業などを保存・活用することで地域活性化につなげる城陽市のエコミュージアム事業。担当の市教委は、この取り組みをさらに広めるべく、森山遺跡を象徴する 続きを読む 城陽の宝「全種集めよう」 地域資源キャラカード 魅力発見ツアーで配布 (エコミュージアム)

愛らしい踊りや合唱で魅了 茶の香りに酔いしれる (宇治田原ふるさとまつり)

うぐいす宇治田原幼稚園の園児たちが茶娘ちゃん踊りを堂々と発表する

《城南新報2017年10月17日付紙面より》   日本緑茶発祥の地をアピールする『宇治田原ふるさとまつり』が、15日、同町総合文化センターをメーン会場に開かれ、町内外から訪れた約900人が、極みの一服を堪能した 続きを読む 愛らしい踊りや合唱で魅了 茶の香りに酔いしれる (宇治田原ふるさとまつり)