1万2674人踏破 実質3日間の開催 (宇治十帖スタンプラリー)


《城南新報2017年11月10日付紙面より》
 
 宇治市は9日、源氏ろまん2017「宇治十帖スタンプラリー」の踏破者を発表した。
 今年は初日(10月28日)が雨でゴール地点を変更したほか、2日目(同29日)は台風接近で中止となり、実質3日間(11月3~5日間)の開催。踏破者は1万2674人(前年度比4829人減)に落ち込んだが、後半3連休では晴天が続き、1日平均が4000人を超えた。
 踏破者の内訳は、宇治十帖の古跡10ポイントを巡る基本コース(約4・5㌔)が9390人、それに寺院・神社などを加えた健脚コース(約12㌔)が3284人。市民や観光客がスタンプ帳を片手に、宇治橋周辺を中心に散策を楽しんだ。
 

傘を差しながらスタンプを押す参加者ら
傘を差しながらスタンプを押す参加者ら

コメントは受け付けていません。