しぶき上げる水車登場 イエローチョーク体験! 宇治環境フェスタ


《城南新報2017年11月29日付紙面より》
 

発電を目指す水車の勢いが子供たちの心を引き寄せる
発電を目指す水車の勢いが子供たちの心を引き寄せる

「エコゴコロ・未来を想う・親ゴコロ」をテーマにする宇治環境フェスタが26日、市生涯学習センターと産業会館で開かれ、約2200人でにぎわった。
 宇治市主催で、ecoット宇治(市地球温暖化対策推進パートナーシップ会議)など協力。ecoットは、発電に向けてチャレンジ中の水車を持ち込み、堂々と水しぶきを上げる実物に子供たちが大注目。自転車を漕ぐ動力を生かしコンプレッサー経由でバルーンをふくらませる体験、一斗缶を材料にしたロケットストーブの展示も行った。
 また、市はゴールデンタイムの全国放映番組で取り上げられたばかりの、イヌのふん害対策「イエローチョーク大作戦」体験コーナーを設け、環境企画課・柴田浩久さん手ほどきのもと、子供たちもブツを丸囲みし、日時を書き込んだ。
 また、NHK・Eテレ出演などお馴染みの久保田雅人さんによる工作ショウが親子連れでにぎわい、おもちゃを交換できるかえっこバザール、ソーラーカーレースなども人気を集めた。
 このほか、ゴミの行方が「見える」スケルトンパッカー車の展示・実演、牛乳パックを模したゴミ減量推進キャラ「パックン」を探すクイズラリーなども好評だった。
 

子供たちが「イエローチョーク」を体験
子供たちが「イエローチョーク」を体験

コメントは受け付けていません。