響け!ユーフォニアム 宇治の聖地グルリ 学生企画で探訪ウオーク


《城南新報2017年12月1日付紙面より》
 
 宇治を舞台に吹奏楽に打ち込む高校生たちの青春群像を描いたアニメ「響け!ユーフォニアム」に登場した〝聖地〟を巡る「響け!探訪ウオーク」が先頃、中宇治地域一帯で行われた。各地のファンが京都文教大学の学生の解説に耳を傾け、市内を散策した。
 地域連携学生プロジェクト「響け!元気に応援プロジェクト」が、独自企画として初めて開催した。京阪電車が中心となって今春行った催しで学生が担当した探訪ウオークを基に、さらに細かなポイントを追加するなどした。
 ファン約20人が参加し、京阪三室戸駅からスタート。作中に登場する楽器店や和菓子店、宇治川河畔のスポット、大吉山の登山口など、ファン監修のシークレットポイント2カ所を含む計14カ所をグループで巡った。
 府立宇治公園の橘島では、ファンによる「北宇治高校OB吹奏楽団」が演奏するスペシャル企画も。宇治橋通り商店街では、ファンが集うガトーショコラの専門店も訪れ、地元とのふれあいを深めた。
 

京都文教大生の案内で行われた探訪ウオーク(宇治川河畔)
京都文教大生の案内で行われた探訪ウオーク(宇治川河畔)

コメントは受け付けていません。