みんなの力で「ゴール!」 年長児がサッカー大会 (広野 幼稚園)


《城南新報2017年12月6日付紙面より》
 
 宇治市広野町丸山の広野幼稚園(吉村裕園長)で5日、恒例の園内サッカー大会が開幕し、スタジアムに早変わりした園舎に園児の元気な歓声が響いた。
 同幼稚園・保育所で20年以上続けられている行事。チームワークの大切さや「優勝」は1チームという勝負の厳しさを体験し、幼児期に負けた悔しさを味わうことでたくましくなってほしいとの願いを込めた。幼稚園・保育所の年長児約140人がクラス単位で参加した。
 オフサイドなど難しいルールをなくし、各クラス4試合のリーグ戦に挑戦。コート内でボールを2個使い、1人ひとりがプレーできる機会を増やした。
 園児たちは保護者や友達の温かいエールを受け、クラスメイトと力を合わせてボールをつなぎ、ゴールを目指した。「頑張れ!頑張れ!」の声援が熱を帯び、シュートが決まると喜びをはじけさせた。
 サッカー大会は、きょう6日、あす7日も引き続き開催する。
 

保護者や友達の声援を受けて熱戦を繰り広げる園児たち
保護者や友達の声援を受けて熱戦を繰り広げる園児たち

コメントは受け付けていません。