ソフトボール、ボウリング 久御山 2種目で連覇 快挙に選手も喜びひとしお


《城南新報2017年12月6日付紙面より》
 
 第40回府民総体で、久御山町がソフトボールとボウリングの2種目で連覇を達成した。昨年に続いて府の頂点をつかみ、熱戦を制した選手たちの喜びもひとしおだ。
 

久御山町ソフトボールチーム
久御山町ソフトボールチーム

京丹波町などで行われたソフトボール成年女子の部では、13チームがトーナメントで熱戦を展開した。
 久御山町は2回戦で亀岡市に9‐2で快勝し、続く京都市との準決勝に7‐0で無失点勝利を収めた。
 決勝で城陽と対戦。昨年と同カードの大一番で、久御山は9‐2で城陽を引き離し、優勝を飾った。
 優勝した久御山町のメンバーは次の皆さん。
▽監督=松井道弘▽選手=藤本理沙、山田悦世、光久佳奈美、平井早苗、奥野恵理子、上中菜津巳、田口美樹、上坂美樹、押谷美由希、鈴木沙弥香、中村美緒、佐竹春香、宮部綾子、松井宏奈、奥野詩織、道場菜奈
◇  ◇
 市町村対抗ボウリング大会はラピュタボウル宇治東で開催され、6人チーム戦、計4ゲーム(予選3、決勝1)で火花を散らした。府内23チームが出場し、予選上位12チームが決勝に進んだ。
 久御山町は予選で4047点をマークし、堂々のトップ通過。決勝でも集中力を切らさず上位層で1275点を挙げ、トータル5322点で栄冠をつかんだ。
 なお、地元では城陽市が3位、宇治市が5位、宇治田原町が6位に入った。
 地元の入賞チームのメンバーは次の皆さん。カッコ内の数字は総得点。
▽優勝=久御山町(川崎日出夫・川﨑由菜・松川寿児・山口照美・坪井綾子・坪井健一、5322点)▽3位=城陽市(種尾智徳・奥西優真・石岡康伸・舩戸聡志・遠藤文男・谷口隆紀、5185)▽5位=宇治市(野間靖英・柳志郎・澤野正喜・後藤知子・安倍修一・山本徹、5049)▽6位=宇治田原町(中川充・奥村鈴子・市川正明・森下聡・市川真実・廣岡康博、4947)
 

久御山町ボウリングチーム
久御山町ボウリングチーム

コメントは受け付けていません。