手のひらにスマッシー コースター作成 (下水道 キャラ)


《城南新報2017年12月13日付紙面より》
 
久御山町は、同町の下水道キャラクター「スマッシー」をモチーフにしたマンホール型のコースターを作成した。下水道事業のPRを目指す。
スマッシーは水を「澄ます」、カエルを水に「住ます」から命名。住民に下水道の役割や必要性を知ってもらおうとデザインを公募し、1993年から活躍している。
コースターは紙製、直径9㌢の手のひらサイズ。マンホールの蓋に取り入れられている図柄で、スマッシーが水に飛び込む姿と町の花のサツキが描かれている。
2000部作成。イベントなどで今後配布する。
 

久御山町が作成した「スマッシー」のコースター
久御山町が作成した「スマッシー」のコースター