第47回スポーツまつり 初の師走決戦、白熱の攻防 ドッジ ボール仕切り直しに30チーム


《城南新報2017年12月19日付紙面より》
 

取れるものなら取ってみろ… 剛速球を投じる高学年男子選手
取れるものなら取ってみろ…剛速球を投じる高学年男子選手

城陽市子ども会後援会協議会(長澤幸義会長)主催の「スポーツまつり」が17日、市民体育館で開かれ、市内5支部大会を勝ち抜いた30チーム約220人の選手が参加し、ドッジボールで熱戦を展開。勝利を目指して友情を深め合った。
 9月17日開催予定だったが、台風18号接近により、この日に延期。もともと、夏休みの最終日曜開催が定番だった同大会は、熱中症対策で2008年から秋へ移行。13年度以降、市民体育館アリーナとしているが、47回目にして初の師走決戦となった。
 開会式では、長澤会長が「きょう一日ドッジボールを思う存分楽しんでください」と挨拶。来賓の奥田敏晴市長、増田貴市議会議長が祝辞を添え、久世西(久津川支部)の植出士虎くん、平川東部第二(久世支部)の岩前絢菜さんが力強く選手宣誓した。
 競技は、3部門とも2ブロックに分かれた予選リーグと、各ブロック1、2位による決勝リーグを行い、高学年になると、激しい展開で、伸び盛りの運動神経を発揮。保護者らの大歓声が会場に響いた。
 上位成績は次の通り。カッコ内は支部。
【高学年男子】
▽優勝=平川東部第一(久津川)▽準優勝=芝ケ原A(久世)▽3位=久世西(久津川)▽敢闘賞=大亀茶屋(久世)
【高学年女子】
▽優勝=平川東部第二(久世)▽準優勝=久世西B(久津川)▽3位=久世西A(久津川)▽敢闘賞=長池(富野)
【低学年】
▽優勝=大亀茶屋(久世)▽準優勝=平川東部第二(久世)▽3位=芝ケ原A(久世)▽敢闘賞=野原(久津川)
 

コントロール重視でゲームを組み立てる作戦も
コントロール重視でゲームを組み立てる作戦も