「地域が元気」福祉まつり きょう住民体育館前で (宇治田原)


《城南新報2018年4月7日付紙面より》
 
 宇治田原町社会福祉協議会・ボランティアセンター主催の第11回『地域が元気!さくら福祉まつり』(兼第19回ボランティアのつどい)が、きょう7日午前10時から午後2時30分まで、同町住民体育館トレーニングセンター前駐車場で催される。
 多彩なイベントを通じて町内の福祉事業やボランティア活動に対する意識を高め、地域住民が互いに助け合える元気な「まちづくり」を進めよう―というもの。
 ステージでは▽障害福祉サービスセンター「うじたわら」の演舞(10時20分)▽手話サークル「ほたる」のコーラス(11時15分)▽カラオケサークル「絆」(12時10分)▽スリーA認知症予防ゲーム(13時15分)▽手遊び、パネルシアター(13時30分)▽宇治田原バレエ&チアダンススクール発表(14時5分)などが繰り広げられ、フリーマーケットも開かれる。
 また、各コーナーには焼きソバ、フランクフルトなどの模擬店がズラリ。ボランティア活動コーナーでは車いす乗降などの福祉体験ができ、壊れた玩具を治す「おもちゃ病院」も開設。昔懐かしい「チンドン屋」も登場する。
 さらに、子供対象のボール投げゲーム、餅つきも行われ、性格診断やストレスチェック、介護に関する相談コーナー、共同募金啓発ブースも設けられる。
 雨天決行、パーキングは同町総合文化センター駐車場となっている。
 

お馴染みのチンドン屋もやって来るよ
お馴染みのチンドン屋もやって来るよ