「淀苗」出荷ピークへ 熟練技で地道に接ぎ木 (久御山町内)

地道な手仕事でトマトの苗を準備(久御山町北川顔)

《城南新報2018年4月14日付紙面より》    久御山町内で、接(つ)ぎ木した野菜苗が次々に出荷されている。「淀苗」として全国に知られる特産品で、育苗農家が地道な作業に汗を流す。  接ぎ木は、耐病性のある台木 続きを読む 「淀苗」出荷ピークへ 熟練技で地道に接ぎ木 (久御山町内)

平等院“復興”の軌跡 6月まで特別展 (ミュージアム鳳翔館)

鳳翔館では初公開となった観音堂の不動三尊像

《城南新報2018年4月14日付紙面より》    宇治市宇治蓮華の平等院ミュージアム鳳翔館で、特別展「不動明王―激動の時代を見守った仏」が始まった。平等院境内で現在修繕中である鎌倉期の観音堂(重要文化財)に安置 続きを読む 平等院“復興”の軌跡 6月まで特別展 (ミュージアム鳳翔館)

商工会フォトコンテスト“宇治田原の四季” 最優秀賞「3度目」田村宏さん 城南新報賞は「水無月の朝」

最優秀賞…田村宏さんの「雪の通学路」

《城南新報2018年4月14日付紙面より》   宇治田原町商工会主催の第23回『宇治田原の四季フォトコンテスト』審査会が13日、同町商工センターで開かれ、宇治田原町岩山谷山口の田村宏さん(74)撮影「雪の通学路 続きを読む 商工会フォトコンテスト“宇治田原の四季” 最優秀賞「3度目」田村宏さん 城南新報賞は「水無月の朝」