カフェ・マリエで教室 なべかわさんペーパークイリング 7月20・21日も参加募集


《城南新報2018年5月24日付紙面より》
 
 ボタニカル「カフェ・マリエ」(長澤とよ海オーナー)=宇治市小倉町天王=で、このほど地元作家によるペーパークイリング教室が開かれ、女性中心の参加者がオンリーワンの作品づくりに情熱を傾けた。
 2006年「Nauvey’s Castle」ブランドを立ち上げた城陽市在住・なべかわゆきこさんを講師に迎えたコラボワークショップ。発祥は、紀元前にさかのぼるヨーロピアン・アンティークの一つ「ペーパークイリング」と出会い10年以上にわたって制作に打ち込み、本場英国のコンペでテクニカル部門など3部門の第1位獲得(16年)など実績を誇る。
 細長い紙を巻いた繊細なパーツを組み合わせる逸品。店内では、女性らが「花摘みウエルカムボード」をテーマに、色とりどりの花を仕上げる細かな作業に励み、休憩時間にはケーキとコーヒーで歓談を弾ませた。
 3月に台北で初の海外個展を成功させたなべかわさんは、来年秋にもイタリアで個展を開く予定。7月20日(金)・21日(土)の両日午後2時から、「ひまわりのかもめが飛び出すポップカード」ワークショップを同店で開催。参加費3500円(ケーキセット・材料費込)。問い合わせ、予約は同店℡85‐1405、なべかわさんの携帯090‐3619‐6268まで。
 

なべかわさんの手ほどきでオリジナルを作り上げる参加者
なべかわさんの手ほどきでオリジナルを作り上げる参加者