佐山小PTAスクール “マジック”“大道芸”熱視線 宇治のHAMARら出演


《城南新報2018年6月12日付紙面より》
 
 久御山町立佐山小学校(谷口美弥子校長)で9日、同校PTA主催スクールが開かれ、子供たちがパフォーマンスや大道芸などを楽しんだ。
 文化・芸術に親しんでもらう取り組み。土曜活用で全校児童が参加した。今年は、例年開催してきた2学期に会場の体育館が改修工事で使用できなくなるため、1学期に前倒しした。
 ステージでは、交通安全や食の安全などを風船作品やパントマイムなどで表現する「安全マン」がバルーンパフォーマンスショーで会場を沸かせた。
 続いて、宇治市在住のマジシャン&大道芸人(マジ大道芸人)のHAMARが出演。「超高速ピコピコハンマー」を連打しながらボールを操る手技や児童参加のジャグリング、一升瓶に乗って繰り広げる妙技に子供たちが瞳を輝かせ、盛大な拍手を送った。
 また、スクールに先立ってオープンスクールがあり、保護者や地域住民が授業を参観した。
 

HAMARのパフォーマンスに子供たちも熱い視線
HAMARのパフォーマンスに子供たちも熱い視線