年長児がカレーパーティー 食材豊富、彩り豊かに (宇治市立木幡幼稚園)


《城南新報2018年6月20日付紙面より》
 
 宇治市立木幡幼稚園(垣見千里園長)の園児が遊び心をふんだんに盛り込むカレーパーティーが18日、東宇治コミセンで開かれ、教職員、保護者ら協力のもと、手作りの味に歓声を上げた。
 同園にある菜園では、タマネギ、ジャガイモ、キュウリ、ピーマンなどを栽培。年長児10人が、取れ立て野菜を持ち込み、アレルギーに気を配った豆乳などを使った。
 4班に分かれた園児たちは、それぞれ具を組み合わせ、はじめに野菜を水洗い。「お母さん先生」4人が各班に付き添い、包丁の使い方や炒め、煮込みを指導した。
 ルーを溶かして仕上がると、小皿を手に「味見ツアー」を決行。「おいしい!」と歓声を上げた園児たちが、ご飯の上にカレーを掛けてもらい、コーンやたこウインナー、ブロッコリーのほかイチゴもトッピングするなど、食材の個性が交ざり合う味わいを満喫した。
 

トッピングのコーンをふんだんにまぶす園児
トッピングのコーンをふんだんにまぶす園児