城陽の松本神社 「 嵐」チケット願い絵馬、18年度版予約スタート (観光協会)


《城南新報2018年6月20日付紙面より》
 
 人気アイドルグループ「嵐」の松本潤さんと同名で、各地のファンが〝聖地〟として訪れる城陽市奈島の松本神社「2018年度版絵馬」の予約注文が始まった。受け付けスタート直後から約50件の予約が入っており、日を追うごとに注目が集まっている。
 同市観光協会が地域活性化に向け、昨年8月の絵馬第1作目、今年2月のミニミニ絵馬ストラップに続く第3弾として企画。これまで同様、和田康夫宮司と宮総代の許可を得て作成した。第1作目はネット販売を合わせて約3000枚売れる人気ぶりで、国内外の松潤ファンから「次も」とのリクエストが多数寄せられていた。
 新作の絵馬はヒノキ製。横17・5㌢、高さ10㌢。カラーと木目を用意する。カラーは松本さんのイメージである紫に着色、星や円などで松本さんのシルエットを思い起こさせるデザインをあしらった。いずれの絵馬もメッセージ入りで、行の頭の文字を左から横読みすると「嵐ちけっと願」との文章になる。
 同協会の阪部晃啓事務局長は「皆さんがコンサートに行けますように、心を込めて作りました。松本神社の宮司の祈祷もしていただいているので、願いが成就できますように」と話す。
 カラー1500円(税込み)、木目2000円(同)。同協会のホームページで予約を受け付けている。松本さんの誕生日「8月30日」ごろに郵送する予定。問い合わせは同協会℡56‐4029へ。
 

予約が始まった松本神社の18年度版絵馬(右が木目)
予約が始まった松本神社の18年度版絵馬(右が木目)