「嵐」聖地・松本神社に 今秋、名古屋からバスツアー 絵馬セット販売も (城陽市観光協会)


《城南新報2018年7月6日付紙面より》
 
 男性アイドルグループ「嵐」のメンバー・松本潤さんの〝聖地〟として国内外の熱烈なファンから注目を浴びる城陽市奈島の松本神社(和田康夫宮司)に今秋大手旅行会社がバスツアーを組んだことが明らかになった。
 阪急交通社が『5縁をむすぶ嵐神社めぐり』とのツアー名で、名古屋市をはじめ中部圏から城陽市の松本神社をはじめ、大野神社(滋賀県栗東市)、二宮神社(兵庫県神戸市)、櫻井神社(兵庫県尼崎市)、相葉神社(福井県あらわ市)をバスで巡る。参加者らは、お守りや絵馬を買い求めて、各神社に参拝する。
 実施日は9月21日(金)、22日(土)、23日(日)、24日(月・祝)と10月12日(金)、13日(土)、14日(日)の7日間。いずれも参加人数は現時点で不明。だが、嵐ファンの女性客が大挙して訪れることが予想される。
 この吉報を受け、2018年度版『絵馬』を作製した城陽市観光協会は、このほど松本神社境内で、和田宮司から御祈祷を受けた。
 すでに、同協会ホームページや店頭で、絵馬の予約申し込み受付を行っている絵馬は、松本さんのイメージ「紫色」のカラー1500円(税込み)と木目2000円(同)の2種類。
 同協会の阪部晃啓事務局長は「予約の反響は良い。注目の状況に応じて、増産していきたい」と話し、第1作目の2017年度版(約3000枚)を超える売り上げに期待を寄せる。
 収益の一部は、同神社の整備費用に活用。阪部局長は「ツアー客限定の絵馬4種、ミニミニ絵馬ストラップ2種の計6種のセット販売(6500円)も企画したい」と、構想を明かした。
 なお、今年度版の絵馬は、松本さんの誕生日の「8月30日」頃に郵送する予定。問い合わせは同協会℡56‐4029へ。
 

今秋、バスツアーが決定…和田宮司から絵馬の御祈祷を受ける
今秋、バスツアーが決定…和田宮司から絵馬の御祈祷を受ける