2種目で爽やかにプレー スポーツ交流会 (宇治市連合育友会)


《城南新報2018年9月12日付紙面より》
 

ナイスショット連発のファミリーバドミントン
ナイスショット連発のファミリーバドミントン

宇治市連合育友会(中本裕也会長)主催のスポーツ交流会が9日、西宇治体育館で開かれ、市内各校区の育友会・PTA関係者と児童が、ソフトバレーとファミリーバドミントンで爽やかな汗を流した。
 体育部主管で20回目を迎える大会には、ソフトバレー(大人のみ)33、ファミリーバドミントン大人の部13、同小学生の部13の計59チーム・約300人が出場した。
 各学校で予選会や練習会を行い、この日に向けてチームワークに磨きを掛けた。
 試合は、各種目で予選リーグ、決勝トーナメントを展開し、声援が飛び交う会場はグンと熱気を増した。また、今年からソフトバレー、ファミバド大人の部にも敢闘賞(4位)を設け、健闘をたたえた。
 上位成績は次の通り。
【ソフトバレー】
▽優勝=大久保小1▽準優勝=木幡小1▽3位=木幡中2▽敢闘賞=東宇治中2
【ファミリーバドミントン・大人の部】
▽優勝=伊勢田小A▽準優勝=木幡中A▽3位=神明小B▽敢闘賞=神明小A
【同・小学生の部】
▽優勝=神明小A▽準優勝=笠取小A▽3位=笠取小B▽敢闘賞=伊勢田小A
 

ネットを挟み大人たちの熱気にあふれるソフトバレー
ネットを挟み大人たちの熱気にあふれるソフトバレー