きょうまちすぽっと

京都文教大学生による地域発見リポート

 

はじめまして!

 タイトルの「きょう」は、京都の「京」と今日を生きる人々の「今日」という二つの意味が込められています。今日を生きる人、京に生きる人にスポットを当て、仕事への情熱や想いを取材し、そこにあるたくさんの出会いを楽しみに、私たちらしく発信していきたいと思います。
あなたの今日と京がより一層輝いて見えますように!

指導教員より(京都文教大学臨床心理学部教育福祉心理学科・准教授・橋本祥夫)
橋本ゼミでは、主に社会科教育に関する研究を行っています。これまで、フィールドワークをして地域を調査したり、新聞をもとに社会問題について話し合ったりしてきました。
この度、橋本ゼミの3回生の学生6人が、3つの班に分かれて地域を取材し、取材したことを記事として掲載してもらうことになりました。次回から、学生が地域で活躍されている様々な人たちにインタビューし、記事にまとめ、発信していきます。
地域で活躍されている人への取材、インタビューを通して、地域の仕事がどのように社会につながっているのかを理解したり、働くことの意義について考えたりすることができるようにしたいと考えています。大学生の目線で地域を見つめ、感じたことを発信していきます。

上辻恵子、久保田遼、栗田ひろみ、細川拓弥、宗玄知也、川口希、橋本祥夫先生(㊧から)
上辻恵子、久保田遼、栗田ひろみ、細川拓弥、宗玄知也、川口希、橋本祥夫先生(㊨から)

 

きょうまち紹介  メンバー紹介

     vol.1

     vol.2

     vol.3

 

    vol.4

     vol.5

     vol.6

kyomachi7     vol.7

 

kyomachi8      vol.8

kyomachi9       vol.9

kyomachi10       vol.10

       vol.11

      vol.12

        vol.13

 

 

 

城南新報トップページ