新茶注いで召し上がれ… 宗円しのぶ「お茶漬け」給食 (宇治田原)

今年産の煎茶を急須で注いでもらい、児童たちがお茶漬けを味わう

《城南新報2018年5月17日付紙面より》    緑茶製法を発明した郷土の偉人・永谷宗円(1681~1778年)の功績をしのぼう―と、宇治田原町立2小学校で16日、「お茶漬け」給食があり5・6年生計149人が、 続きを読む 新茶注いで召し上がれ… 宗円しのぶ「お茶漬け」給食 (宇治田原)