“宇治茶” 初市で取引始まる 最高値1キロ16万2000円 (JA全農)

初市で出品茶の出来栄えを見定める

《城南新報2017年4月29日付紙面より》    新茶シーズンの幕開けを告げる宇治茶の初市が28日、城陽市寺田垣内後のJA全農京都茶市場で開かれた。3月の気温が低く推移したため、茶葉の生育が遅れ、昨年より8日遅 続きを読む “宇治茶” 初市で取引始まる 最高値1キロ16万2000円 (JA全農)

新茶1号 きょうの初市へ 緑茶発祥の地で「手もみ」

《城南新報2017年4月28日付紙面より》    日本緑茶発祥の地である宇治田原町で27日、伝統技法の手もみによる香り高い新茶「第1号」が誕生。茶の香が漂う培炉(ほいろ)の上で、宇治田原手揉み保存会のメンバーら 続きを読む 新茶1号 きょうの初市へ 緑茶発祥の地で「手もみ」

「お茶の京都」本番へ活況 城陽で区切りの「茶止市」

今シーズンの宇治茶の取り引きを締めくくった「茶止市」

《城南新報2016年7月28日付紙面より》    宇治茶の今シーズンの取り引きに区切りを付ける「茶止市」が27日、城陽市寺田のJA全農京都茶市場で開かれた。全茶種の総取引量は1483㌧となり、前年同日(1486 続きを読む 「お茶の京都」本番へ活況 城陽で区切りの「茶止市」