梅雨空のもと音色響く 還幸祭で神輿巡行 (宇治神社)

《城南新報2018年6月12日付紙面より》    宇治神社(宇治市宇治山田、花房義久宮司)で10日、例祭の還幸祭が執り行われ、先月の「おいで」(神幸祭)で宇治壱番の御旅所に奉納された祭神・菟道稚郎子命(うじのわ 続きを読む 梅雨空のもと音色響く 還幸祭で神輿巡行 (宇治神社)

回す振る 勇壮「シンボル」猛々しく 梵天渡御

前後左右の大地に打ち付けんばかりに梵天を振る奉賛会の担ぎ手…宇治神社御旅所前

《城南新報2018年6月7日付紙面より》   夕方からの雨にもかかわらず、中宇治一帯が約9万5000人(県祭安全対策推進協議会発表)の人出でにぎわった「暗夜の奇祭」県祭(あがたまつり)。  そのハイライト「梵天 続きを読む 回す振る 勇壮「シンボル」猛々しく 梵天渡御

県祭9万5000人でにぎわう

県神社境内で上演されたこの笛ふくや会の「組囃子」宇治十帖のうち宿木

《城南新報2018年6月6日付紙面より》   「暗夜の奇祭」として知られる宇治の県祭(あがたまつり)が5日、中宇治地域で繰り広げられ、府内最大規模となる約500の露店がひしめく3つの通りが約9万5000人(県祭 続きを読む 県祭9万5000人でにぎわう