アゲハチョウに触れ、歓声 村上教授ら理科出前授業 (西小倉小3・4年生)

幼虫をおでこに乗せて感触を確かめる

《城南新報2018年7月13日付紙面より》   宇治市立西小倉小学校(堀井眞校長)で先頃、3・4年生各48人が対象の「アゲハチョウの不思議を探る」理科出前授業が開かれた。  アゲハチョウ研究の第一人者で京都教育 続きを読む アゲハチョウに触れ、歓声 村上教授ら理科出前授業 (西小倉小3・4年生)

丁寧に刻む漢字一文字 手彫り職人が手ほどき (西小倉小6年生)

鉄筆を使って「成」の一文字を彫り進める6年生男子

《城南新報2018年6月30日付紙面より》    宇治市立西小倉小学校(堀井眞校長)で29日、京都印章技能士会(約30会員)から職人6人を迎えた「ものづくり体験教室」が開かれた。  府職業能力開発協会「ものづく 続きを読む 丁寧に刻む漢字一文字 手彫り職人が手ほどき (西小倉小6年生)

“開館10年”4万人超が利用 親子の居場所広がる交流 (久御山町あいあいホール)

心の距離を縮めるオランダ人学生と1年生

《城南新報2018年4月27日付紙面より》   宇治市立西小倉小学校(堀井眞校長、325人)で26日、日本の公教育視察に訪れたオランダ人学生らが児童と授業や給食を共にし、交流を深めた。  EU圏以外の国を初めて 続きを読む “開館10年”4万人超が利用 親子の居場所広がる交流 (久御山町あいあいホール)